こころ ほどけゆく

眼ある人は盲人のごとく 耳ある人は聾者のごとく 知慧ある人は愚鈍なる者のごとく 強い者は弱い者のごとく

いのち

しなないいのちが
うまれくることはなく
うまれきたいのちは
かならずしんでゆく

いのちのおおもとから
はなれて
うまれくるいのちが
まぶしく
めでたいように

いのちのおおもとに
かえらんと
しにゆくいのちも
しずかながら
めでたい


なあむ

よのなかのひとびと

よのなかの
だれひとりも
かんぜんに
ぜんにんというひとは
いない

よのなかの
だれひとりも
かんぜんに
あくにんというひとも
いない

どんなひとでも
ときに
ぜんにんとなり
またときに
あくにんとなる

ときに
うつくしくなり
またときに
みにくくもなる

ときに
かしこくなり
またときに
おろかにもなる

なまみを
あたえられて
いきていく
にんげんの
このじじつが
こよなく
いとおしい


なあむ

あいはことばにではなく

あなたを
あいしています
きみを
あいしている


あいてを
あいしているいじょうに
じぶんを
あいしてほしいとねがうことば

あいするひとは
あいしていると
ことばにすることがない
ことばにするひつようがない
ことばにするひまがない

あいするひとは
ことばがうまれる
はるかまえから
からだじゅうが
あいにあふれ
あいをじっせんし
あいとともにある

あいは
ことばにではなく
こういのなかにいきづいている


なあむ

ギャラリー