こころ ほどけゆく

眼ある人は盲人のごとく 耳ある人は聾者のごとく 知慧ある人は愚鈍なる者のごとく 強い者は弱い者のごとく

2014年09月

あなたがしてほしいことを

あなたが

してほしいこと

それを

あなたが

さきに

ひとさまに

してさしあげる


すばらしいことです



あなたが

すきなひとに

あなたが

おせわになったひとに

あなたが

はじめてであったひとに

あなたが

してほしいことを

えがおで

してさしあげて

ください



それから



わすれては

いけない

たいせつなひとが

まだ

います










あなたが

きらいなひとに

あなたを

きらうひとに

あなたが

にくむひとに

あなたを

にくむひとに

あなたが

してほしいことを

こころをこめて

ほほえみながら

してさしあげて

ください

こころをこめる

こころをこめる


とは

わたしの

もっとも

たいせつなものを

さしあげる



いうこと



いまここにある

わたしの

すべてを

さしあげる



いうこと







こころをこめるとは


わたしの

いのちを

さしあげる



いうこと

まつ

ときが

くるのを

まつ

いそがず

あせらず

あわてず

まつ


ときが

くるのを

まつ

うごかず

さわがず

もくして

まつ






くるものは

かならず

くる


じっと

まつとき

くるものは

すでに

きている




ときが

くるのを

わたしは

じっと

まつ

うらやましがるこころ

ひとをみて

うらやましい

きもちが

しょうじるとき

わたしの

こころには

まよいが

うまれています



ひとの

ありのまま

わたしの

そのままを

まるごと

うけいれているとき

わたしに

うらやましい

きもちが

おこることは

けっして

ありません







うらやましい



いうおもいが

いっしゅんでも

しょうじたら

わたしは

いそいで

わたしの

まよいをしずめます



まよいのなくなった

わたしには

うらやましい

というおもいは

すっかりきえて

さちあれ

という

ことばだけが

あふれでてきます

われてきたいせず

われ

ひとと

てきたいせず


じぶんの

しんずるところと

まったくことなる

ひとがいても

てきたいする

ひつようは

ありません

てきたいしては

なりません


しんりへの

みちは

ひとさまざま


じぶんの

しんずるところを

まげることなく

ひとのしんずるところに

かんようである

それでいいのです








なにがあっても

ひととてきたい

しないこと

てきたいして

うるものは

なにひとつ

ありません



しんずるところ

ことなるひとと

まじわるときが

いつのひか

おとずれるやも

しれません

そのひを

ゆうゆうと

まっておれば

いいのです



われ

ひとと

てきたいせず
ギャラリー