こころ ほどけゆく

眼ある人は盲人のごとく 耳ある人は聾者のごとく 知慧ある人は愚鈍なる者のごとく 強い者は弱い者のごとく

2016年01月

ちんもく

じんせいで

もっとも

たいせつなことは

けっして

ことばでは

つたわらない


じんせいで

もっとも

じゅうようなことは

ちんもくを

とおしてしか

けっして

つたわらない



ことばは

うらぎり

ちんもくは

うらぎらない





わたしは

わたしの

ぜんそんざいを

かけて

ちんもくの

ちからを

まなび

じっせんしたい





りゅうこうのそと

りゅうこう

おくれになって

りゅうこうの

そとで

わたしは

くらしていたい


りゅうこうの

そとで

かざらず

きにせず

きにやまず



のんきに

のんびり

のほほんと




りょうこうの

そとで

すのままで

わたしは

くらしていたい

すっぱだか

なにも


かくさず


すっぱだか


なにも


かざらず


すっぱだか




ああ


すっぱだか


ただの


すっぱだか


でいるって


なんて


きぶんが


いいんだろう




すっぱだかに


なるって


こんなに


げんきに


なれるもんなんだ


すっぱだかで


いるって


こんなに


ちからが


みなぎるもんなんだ



すっぱだかに


なって


ぼくは


ほんとの


ぼくを


みつけだす







すっぱだかの


からだ


すっぱだかの


こころ


すっぱだかの


うちゅう

いっぱいわらって

ほんの

すこしだけ

ないて

いっぱい

わらって



ほんの

すこしだけ

かなしんで

いっぱい

いっぱい

わらって


ほんの

すこしだけ

くるしんで

いっぱい

いっぱい

いっぱい

わらって





いっぱい

わらって

なくほど

わらって

はらいっぱい

わらって




ときがきたら

しずかに

わらって

みんなに

さよなら

がしたい

~さん 

びょうき さん

かなしみ さん

くるしみ さん



じぶんが

いやできらいで

しかたない

はやくすぐにも

きえてほしい


ねがうものすべてに

さん


つけて

こえをかけてみよう



さけることなく

にげることなく

いやがることなく

あたたかく

ありがたく

それらすべてに

さん


つけて

こころから

でむかえてみよう





びょうき さん

かなしみ さん

くるしみ さん

ギャラリー