こころ ほどけゆく

眼ある人は盲人のごとく 耳ある人は聾者のごとく 知慧ある人は愚鈍なる者のごとく 強い者は弱い者のごとく

2016年10月

やくたたず

やくにたたぬからと

のうなしだからと

ごくつぶしだからと

おにもつだからと

のろまだからと


ありとあらゆる

やくたたずの

らくいんをはられ

きらわれ

うとまれ

さげずまれ

すてられようと


おちこむことはない

なげくこともない

かなしむこともない


やくにたつか

たたぬかは

ひとのせかいの

ものさしにすぎず

いのちのせかいでは

まったく

いみをもたぬ

ものさしなのだから


やくたたずは

やくたたずのまま

むねをはって

どうどうと

いきていけばいい



なあむ

かたつむり

「 かたつむり

 どこでしんでも

 わがやかな 」


かたつむりが

のろまなのではない

わたしたちが

せっかちなのです


かたつむりが

みがるなのではない

わたしたちが

ものをもちすぎなのです


かたつむりが

のうてんきなのではない

わたしたちが

しんぱいしすぎなのです



なあむ

やればできる?

なにごとも

やればできる

やるきでやれば

じょうじゅする


そんなことは

ありません


やるきがあろうと

できぬこと

しぬきでやろうと

じょうじゅせぬことは

やまほどある

というより

よのなかの

ほとんどすべてが

できず

じょうじゅもしない


できようと

できまいと

じょうじゅしようと

すまいと

けっかに

しゅうじゃく

とんじゃくせず

しかし

ほんきになって

けんめいに

やりきる


それだけで

すべてよし

すべてめでたし



なあむ


あたらしきはいま

あたらしきを

さがして

とおくまで

でかけることはない

あたらしきを

もとめて

とおくを

あこがれることもない


あたらしきは

いま

めのまえに

あふれている

あたらしきは

いま

あしもとに

あふれている


とおくまで

でかけずとも

とおくを

あこがれずとも

すべては

いま

ここに

みちあふれている



なあむ

もとめない

ひとさまに

あいさつをして

へんじを

もとめない


ひとさまに

しんせつをして

おれいを

もとめない


ひとさまに

おくりものをして

おかえしを

もとめない


ひとさまに

さしあげ

うけとっていただく

そのことに

かんしゃ

たしゃ



なあむ

ギャラリー